2017年夏

なんとなく過ごしていたら、半年が過ぎていた。

上ばかりに目がいってしまい、自分のことが目に入らない。
子どもが産まれたら、子育てをしたら、何かが変わるかもと思ったけど、そんなことはなかったと気付いた今日この頃。
ゴールは、就職でも、結婚でも、妊娠でも、出産でも、子育てでもなく、結局自分自身の納得なのだろうなと、ようやく分かりかけてきている。

今日は骨密度を測りに行った。
去年ちょっとしたきっかけで測った骨密度があまりに低くて(結局精度を上げて測ったら“そこそこ”低い、に改善したのだけれど)、
運動して、カルシウム摂るようにして、また一年後に測りに来てね、と言われていたので。
当時は、ガーン!もうだめだ!将来転んで寝たきりだ!!と、一カ月くらいかなり凹んでいたけれど、一年経ったらその悲しみ?も風化されて、そう言えば私、骨密度低かったっけ、くらいになった。
時間が傷を癒してくれるのは、本当に本当だと思う。

こんなふうに、今、嫌だなあと思っていることも、いつか、あれも楽しかったよね、と思えると良いなあ。
(私が一番好きな歌は、中島みゆきの「時代」です)

最近自分の中で変わったこと。
私は晩御飯が麺類なのが長年嫌いだったのだけど(麺類はそれだけで完了してしまうので。丼ものもしかり。白いご飯とおかずが好き)、ついにその禁忌を破った。
これは大きな一歩です。

最近買ったもの。
「漢和辞典」。
時々漢字の意味を知りたくなる。
買うのをずっと迷っていたけれど、ブックオフで安く売られていたので、買ったった!

最近読んだ本。
内田洋子さんの本いろいろ。
具体的なイタリアがあって、人間観察眼も鋭くて、じっくり読み進めています。イタリアにまた行きたい。

[PR]
# by hiurara | 2017-08-02 16:30

2017年

2017年が始まった。

2016年は、仕事と育児と最低限の家事で終わった。
それぞれは忙しいわけではないのに、全体的には忙しい。
「忙しい」ということばはあまり良いふうに聞こえないとはわかっているものの、余裕がなく、せわしかった。
人に会う気も起きなかった。

2017年の一番の目標は、自分のための時間を1分でも多く作ることだ。
そして、うまれた時間の半分できれいな文字を書く練習をし、もう半分で本を読むのだ。
二番目の目標は、くじけず、こつこつやる。特に仕事とか。

先日の夜、テレビをつけたら、3Dになったドラえもんの映画をやっていた。
途中からだったし、子どもの頃に漫画で読んだりして知っているあらすじだし、それほど期待せずにぼんやり見ていたら、それでも最後に涙が出てしまった。
ドラえもんの漫画には、こんなに愛があふれていたとは。

子どもが生まれた今は、彼らの母親の気持ちの想像までもした。
いつものび太を怒っているのび太ママも、いつもスネ夫を褒めているスネ夫ママも、なにかと怒鳴ったりぶったりしつつ、ジャイアンを愛しているジャイアンンママも、それぞれのやり方を信じて子育てをしていて、みんな良いママだなあと思った。
私も自分なりの子育てを考えたい。

2017年も、地に足をつけていこう。


[PR]
# by hiurara | 2017-01-27 11:33

今日はクリスマスイブ。
私のクリスマスイブは、職場のおじさんにもらったしろたえのチーズケーキを食べて、息子を寝かしつけるときに、赤鼻のトナカイを聴かせてあげたくらい。

このところドラマ「逃げ恥」を毎週楽しく観ていた。
自分の意見をきちんと述べるみくりちゃんに元気をもらっていた。
それから、結婚とは何ぞや、とも考えていた。

最近何かで読んだ、理想の結構相手は、幸福な時にどれだけ幸福でいられる相手か、ではなく、アンラッキーな時に、どれだけ不幸じゃなくいられる相手か、という一文に、なるほど!!!と思った。
そして、先週胃腸炎で死んだとき、このことを確信した。

まさか!な事態は意外と起こる確率が高いのは、2016年中よく感じた。
そんな時どれだけ不幸じゃなくいられるか。
すごく幸せでいることより、できるだけ不幸じゃなくいられる方が、ずっとずっと幸せな気がする。

今晩は年賀状を印刷しているのです。久しぶりに家で真剣にパソコンに向かっています。
今年もあと少し。
最後まで大事に過ごそう。

[PR]
# by hiurara | 2016-12-24 22:34

今日はクリスマスイブ。
私のクリスマスイブは、職場のおじさんにもらったしろたえのチーズケーキを食べて、息子を寝かしつけるときに、赤鼻のトナカイを聴かせてあげたくらい。

このところドラマ「逃げ恥」を毎週楽しく観ていた。
自分の意見をきちんと述べるみくりちゃんに元気をもらっていた。
それから、結婚とは何ぞや、とも考えていた。

最近何かで読んだ、理想の結構相手は、幸福な時にどれだけ幸福でいられる相手か、ではなく、アンラッキーな時に、どれだけ不幸じゃなくいられる相手か、という一文に、なるほど!!!と思った。
そして、先週胃腸炎で死んだとき、このことを確信した。

まさか!な事態は意外と起こる確率が高いのは、2016年中よく感じた。
そんな時どれだけ不幸じゃなくいられるか。
すごく幸せでいることより、できるだけ不幸じゃなくいられる方が、ずっとずっと幸せな気がする。

今晩は年賀状を印刷しているのです。久しぶりに家で真剣にパソコンに向かっています。
今年もあと少し。
最後まで大事に過ごそう。

[PR]
# by hiurara | 2016-12-24 22:31

夏はかぼちゃもおいしい

今年度から人間ドックが会社において義務になり、その予約を済ませた。
思えば人生の半分が過ぎてしまった(元気に動けるだろう期間の)。
今のようなままで人生が終わってしまうのは不本意だ、と思っているけれど、本意の自分は何かと言われると、わからんな。


朝、マンションの管理人さんがある住人のごみの出し方について、「もう少し気遣ってもらえると良いのに……」と嘆いていた。
月に数回しかない資源ごみやペットボトルの回収日の翌日に、小さなごみ置き場に大量の資源ごみやペットボトルを出されたら、管理人さんとしては、あーあ、と思ってしまうよね。
まあ、いつごみを置こうが勝手でしょ、と言われたらそれまでだけれども。
世の中のおおよそのトラブルは、少しでもお互い想像力を働かせれば、ほとんど解決できるよね。
気を付けよう。


昨日の夕刊。
「作者の名前や生涯が明示された絵画展、偉人の足跡を示す歴史館では……「いつ・誰が」が明らかな展示品は、ひどく饒舌に自らの出自を語り、時には我々の想像の余地すら奪ってしまうからだ」。
書き手は自然科学系の博物館が好きとのこと。
これを読んで、本郷にある東大の博物館に行きたくなった。


今夜はかぼちゃを煮よっと。
夏はかぼちゃもおいしい。
かぼちゃ大好き。
[PR]
# by hiurara | 2016-07-20 16:51